« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月18日 (日)

マニュアル式海外展開のすすめ

中小零細企業者が海外進出で成功するためには、

山のように転がっているいろいろなリスクを事前にマネジメントすることが一番大事。

これ、自分の経験から得た偽らざる実感。

だから、海外業務をマニュアル化してルーティーンにしてみました。

これが功を奏しましたねheart01(まだ道半ばですが) 

今年は、たまたま中国の春節(お正月)前という時期にも重なって、

出荷が続いています。

今年の夏からの商談に備えて、昨年に引き続き輸出マニュアルを作りこみます。

思えば起業当時、「物を売るんじゃない。仕組みを作ることが大切なんだ」と、

起業塾で教えられました。

本当の意味で、最近やっと理解して実践できるようになりました。

そして不思議、仕組みづくりは動き出すと課題が次々に明確になります。

だからどんどん進みます。
この時期、資金の確保がとても大変ですが、

この経済的窮地を乗り切れば、これからの成長速度はかなり早くなりそうです。

次回は中身をご紹介します。

http://k-bijin.com

web上のB2B貿易ハンドブックは、商談相手だけに開示するよう、
IDとパスワードを発行しています。
閲覧期間はMAX1ヶ月間です。
↑このサイトからは、見ることが出来ません、ごめんなさい。

2015年1月 7日 (水)

ひつじ年の初めから海外出荷。めでたいな~。

明けましておめでとうございます。

って、遅すぎですね。

年末から新年にかけて中国や台湾からの注文処理に追われて、
社内はお正月ムードどころではなくバタバタとしています。

春節休みは2月18日(水曜)から2月24日(火曜)まで中国では7連休。
日本なら、ちょうど12月の繁忙期にあたる時です。

その時期の注文が今頃?
日本の感覚だと遅いんですが、外国人(特に中国人)は決断が速い!
円安も定着しているので、今年は海外市場にチャンスが大有りですね。
海外のこのスピードに慣れなければ・・・
(^-^;

それに伴って、いろいろな点を見直さざるをえません。

決済、海外輸送、商品企画、販促ツール等々。

マニュアル経営がいいのか悪いのかは別として、業務の標準化は避けられない。

事業がパンクする前に、2015年の今年は標準化が最大の課題。

というわけで、標準化を意識しながら海外出荷準備中ナウ♪
落ち着いたら、新年のご挨拶を…(順序が逆だよ
happy02

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Sdsc_0019
今年は元旦の朝、雪だるまを作れるほど雪が降りました。
どんな一年になるのか? 日本にとって明るい年になりますように。